MIND x GAME

ろんりろん、真摯に論理的にやっていく

R

俺はいつも覚悟ができずに曖昧な態度でミョンちゃんの気を引こうとしてただけ
自分の頭の中でだけミョンちゃんとの特別な関係を維持するためにも
だけどそれが何だったのだろう
ミョンちゃんは常にメッセージを送っていたのに

西君

あなた何が欲しいのん

(MINDGAME p.15より)


思えばあれを買った頃からこうなることはわかっていたのかもしれない。
ここにこうしてあることが何よりの証拠になっている。
渡せるチャンスはあったのだから。

メッセージを観てあれこれ考えてみたけど、結果から振り返ってみると...。
結局、自分に対する肯定感が揺らいでしまえば振り出しに戻ってしまう。
「ごときが」「たられば」に阻まれて、悶々とした心地悪い状況をつくっていた。

自分が変わっていくことを善としながら、それが他人となると話は別で。
最初から違和感はあったけど、それ以上の何かがあった。
その部分は自分の中にまだ残っているし、それがある限りきっと。

いつも頭をよぎって他のことが何も手につかないとは、こういう感じなんだということを知った。
本当に楽しかったし、その分辛かった。
いろんな思いが込められたこれを大切にしていきたい。