Goal ➘➘➘

未来からの、過去からの脱却

2017/05/30(火)

相手の動きに喰い付くように刀を移動させる。

集中

ある種の臨場感に没頭する(相対的にコントロールする)。
あらゆる場面で利用できる。
集中できない状態を含めて自分が創りだしたものに過ぎない。

接点

接している部分から力を流し込む。
相手に接していなければ技を掛けられない。
力で押さえるのではなく、相手との繋がりを意識したうえで瞬発的に力を流し込む。

重心

事あるごとに下腹を意識する。
特に、技を掛けている最中に手を上げ過ぎないよう注意する(一つの目安としては額の高さまで)。仮に、必要以上に手を上げた状態で相手に引っ張られてしまうとバランスを崩してしまう。

姿勢

技を掛けている最中は、相手が体勢を復帰できないよう前傾姿勢をとる(☓直立)。

基本的には、いかにして相手の軸を崩すのか(相手のバランスを崩すのか)。
技を掛ける際は、相手の軸を捉えられているか確認する。