mimi game

ろんりろん

スーパーにて

f:id:aitaka:20161017223620j:plain

 

なにげなくスーパーで目にした光景。

この光景を見て、荷出しのバイトをしてたときのことを思い出した。

 ・・・

あのときは朝型だったこととか。

朝早く暗いうちから自転車こいで、もうあの時間に自転車乗ることはないなとか。

電気が消え客のいない店内には、独特な空気感があったこととか。

あの在庫管理のやり方はないなとか。

どんな取られ方をされても、結局消費期限で昇順ソートして入れなきゃいけなかったこととか。

牛乳と納豆の荷出しは特に大変だったこととか。

あの魚屋の人、元気にやってるかなとか。

一緒に荷出ししてた人達、まだ働いているのかなとか。

見栄えを少しでも良くするために、きれいに陳列するフェーズがあったこととか。

初めて飲んだ酒はバイト後その場で買った「ほろよい ソーダ」で、今も飲んでいることとか。

バイト始める前にテスト受けて、その場で言われたのが、点数よりもいかに素早く全ての問題に手をつけたかが大事だと言われたこととか。

院に進むことを考慮してバイトを始め、結果的にバイトを辞め就職してからもう2年経つこととか。

当たり前だけど、こういう作業があって初めて商品が並んでいるんだよなと感じたこととか。

 ・・・

こう、いろいろと思いにふけっていると、「あ、やっぱりそういうことなのか」と変に納得してしまった。
言葉で説明しようとするとありきたりな言い方しかできなさそうなのでもう終わりにするけど、なんとなく前に進めた感じがしたような。