mimi game

ろんりろん

goal

コグマンの台詞が胸をよぎる。 「人生の大切なことほど一瞬で決めること」何事もゴールから逆算する、些細なことから積み重ねていく ゴールを定めて初めてそのプロセスが生まれる、どの要素がゴール達成を阻んだか ゴールに辿り着くよう現状が最適化され調整…

近況

Q 些細なことから何事もその仕組みを意識する、イメージでも言葉でも 相手の言葉からある種のモデルをリアルタイムで構築する、そのモデルを拡張させていくイメージで とにかく気になったことはどんどん...、そして自分なりの論理に沿ってパパっと pub 井の…

2017/08/08(火)

無理 重心が不安定になる、部位を痛める等しているのであれば、身体の動かし方が間違っている。 技を効かすどうこうの前に、その前提としてその確認を行う。身体の感覚に意識を向けることから、まずは基本動作とか。 丁寧 一瞬一瞬をやっていく、練習と本番…

2017/08/06(日)

ゆっくり、丁寧に 自然体として、潜在的にそう動けるよう 言葉でわかっていても、その場の状況に都度振り回さてしまう まずは日頃から意識して浸透させていく、一つ一つの所作を確認していく イメージ 相手の軸を捉え、相手の身体に力を流し込むイメージを持…

2017/07/15(土)

接点 相手と接することによって技が掛けられる その繋がりを大切にする、相手を捉えるよう 集中 切り替える ノイズを抽象化、身体の動き・力の流れを把握する イメージ 臨場感を高めることで動きが変わる 一つ一つの動きにイメージを持たせる 刀を振り上げて…

2017/07/09(日)

審査 日頃の練習を真剣に、審査してるかのように 緊張は御法度、丁寧に流れるように、気迫と集中 構え1つ取っても、日頃の振る舞いにまで 洗礼 念による攻撃を受けることで... 理解そして実行するスピード ノイズは抽象化、直線距離でピンポイントに思考・…

~2017/07/06(木)

才能 いかに取り組み続けるか 取り組むことが苦でない、取り組むことが自然になる、取り組まないと落ち着かない 取り組み自体が身体の一部になる 10年、20年、毎日継続すれば... 痛める 身体に不調が出るのであれば 正しく動いているつもりでも無理している…

2017/07/04(火)

丁寧 何度でも言い聞かす いい加減にやるくらいならやらない(休む 焦らない(急かしてる小さいのを見下す 審査、技を失敗したのなら始めからやり直せばいい 悪い癖はつけない、理に沿った動きを 直線距離でゆっくりと 本番ができて初めて練習となる、練習の…

スカイ・クローラ

「積極的に生きる」 「幸せになることや目標を実現することとは別に今日を目一杯生きることに決めた」「同じことを繰り返す過去と現在の記憶をどんなふうにして結んでいるのか。夢を見ているようなぼんやりとした感情が精神を守っている」「いつも歩く道でも…

ムーンライト

リトル 月明かりで、お前はブルーに輝く どう生きるのかを決めるのは自分自身 他人じゃない 自分の道は自分で決めろよ 周りに決めさせるな自分で決めたことが自分を幸せにするとは限らない、時に苦しめる シャトル もうフアンはいない赤裸々に話す友人に戸惑…

2017/07/02(日)

堪能 何をするときにも丁寧にそして楽しむ姿勢を持つ ゆっくり 急いであれこれ考えを巡らせるのではなく、直線距離でピンポイントに捉える そして行動に移す 弧 相手の力とぶつからない(反作用がない)よう弧を描きながら身体を動かす 部位単体を動かすので…

2017/06/27(火)

原則 ただ一生懸命闇雲にきりばし努力すればいいという姿勢は間違っている それでは悪い癖がついてしまう 正しい努力をするべき 正しいことを学んだらそれを反復し繰り返す、潜在意識に浸透するまで 潜在意識に達していないといざというときに役に立たない …

2017/04/12(水)

仕方ないといえばそうなのかもしれないけど、都合の良い期待を寄せていた。 中途半端に足をつっこんで、神経をすり減らしては受け身なアピールを繰り返してた。 今になって思うと、本当に馬鹿だったなと。 キャラに酔っていただけで、何の覚悟もなく能動的な…

メッセージ

もし、過去・現在・未来という時系列が存在しなかったら...時間と空間について静かながら力強いメッセージをくれた映画『メッセージ』 哲学的な示唆に富んだ作品だったヘプダポットから授かった能力『未来を見渡す能力』未来が現在を変え、過去をつくってい…

NO-MAN

2017/07/17 21:48:過去のイメージを払拭するために、理想とする未来像を絶えずイメージしつつ過去の行動パターンを断固拒否することで、結果的に何かしらの軌跡を残していく。まずは、過去のイメージを受け入れる。あのときの自分はこうすることしかできなか…

2017/06/17(土)

所作 道着を着替えるとき一つ取っても というか捉え方を改める必要あり 原則 相手の力を外して、相手の力を意識せずに (一つのことにしか意識を向けられないという前提で)片方に意識を向かせることでもう片方を 理由 どのように動くのか考えるのではなく、…

2017/6/13(火)

雛形 どう過ごせばいいのか、その手掛かりが稽古への姿勢にある。 疲れ果てて稽古に取り組むのでは...。 気を循環させる、気を滞らせないことを意識する。 癖 理合の習得を通じて、身体の癖を修正していく 身体が強張っている状態では技が効かない 緊張を解…

2017/06/06(火)

ポインタ ただ文章を読むのではなく、それが指し示すイメージを体感するように習慣づける。 ただ文字を追うのではなく、表現したい臨場感を堪能し、少しずつ自分の一部にしていく。 文章量や読む速度を意識するよりも 自然体 リラックスし気が循環している状…

2017/04/04(火)

気迫 手を振り上げるときには、刀を振りかぶって今にも切り下ろすイメージを持つ。 一対一の真剣勝負の中にいる、というある種の臨場感に没頭する。 力み 力ずくで押さない、身体全体で力を流し込む。 押さえるべきポイントがいくつかある。 例えば、相手に…

2017/04/16(日)

LINE 適度なフットワークの良さ 今までやってこなかった分、やって初めてわかることがある 運動体 身体全体で動く 肘を伸ばすことで、相手に力が伝わる 肘が曲がっていると、関節から力が抜けていく

2017/04/18(火)

気力 相手の気に合わせて(相手に気を遣って)、自分の気を滞らせてはならない 自分の気を流しこむことによって、双方の気を循環させていく

2017/05/28(日)

会話 ゆったりとこう広げていくイメージで話す。 力み 何度言い聞かしても未だに力んでしまう 最初のうちは、とにかく意識するしかなさそう 普段から、身体が強張っていないか(無理を強いていないか)確認する 繋がり 力ずぐで動かすと、受けとの繋がりが途…

2017/05/30(火)

刀 相手の動きに喰い付くように刀を移動させる。 集中 ある種の臨場感に没頭する(相対的にコントロールする)。 あらゆる場面で利用できる。 集中できない状態を含めて自分が創りだしたものに過ぎない。 接点 接している部分から力を流し込む。 相手に接し…

2017/04/25(火)

トレーニングルーム あれこれ考えているうちにタイミングを見失い、結果的にトレーニングできなかった。 自らに枷をはめていくような行為は慎む。 重心 多少過剰と思う程度に重心を低くするよう意識する。 関節 関節の可動域を考慮したうえで、関節を固定し…

2017/04/30(日)

実態 雑居ビルの2階に本部がある。 原因 うまく動けないとき、一つ前の動きが適切か確認する。 その後適切に動けるよう準備ができているか。 原則と応用 基本動作を技にどう活かせるか、技の中に基本動作がどう活かされているか。 例えば、座り技に活かすこ…

2017/04/23(日)

目標 師範になって道場を持つ、実戦で使えるようになりたい、...。 今のような練習を続けている限り難しい。自分なりに工夫する必要がある(少なくとも現師範はそうしてきたからこそ今がある)。 力に頼らない、理合を習得する必要がある。 作用・反作用 技…

体育館のあの娘

だいぶ前だけど、やめてしまったぽい。チャンスをチャンスと捉えられなければ一生チャンスは巡ってこない、か...。まぁ、そういうことです。

commit

内向きな自己規定や娯楽への逃避行を繰り返す中で、 割と自然と、社会にコミットし絶えず何かを獲得していきたいと思えるようになってきた。一言で言えば、アウトプットしたくなってきたと。 今まで、一人でシコシコとインプットを繰り返してきた(まぁ、大…

2017/05/23(火)

学び 次に活かすことができて初めて「学び」となる。次に活かすことが出来ないのであればそれはただの失敗に終わってしまう。 帯 帯の色がその人の実力を示しいるとは限らない。長く続けていればそれだけ審査を受ける回数が増える。 相手と対面するときには…

2017/05/14(日)

腕を両手で抑えられている状態から... 相手の力を抜き、自分の力を流し込む。 相手の力を捉えたら、抑えられた手を引くのと同時に相手の懐に入り込み、そのまま弧を描くよう肘を動かす。 浮かしてから落とす 低姿勢で相手の懐に入ると同時に掌で顎を突き上げ…

押井守 サイン会&トークショー in 大阪

内容をメモするのを忘れてたので、思い出しながら...。 少しでも長く生の押井さんを見ていたかったから仕方ない。 2冊持っている人は 1冊は誰かにあげよう。読む人がいて初めて本に命が宿る。 彼女にあげてもきっと喜ばれないから、理屈好きな知人にあげよう…

2017/5/16(火)

徹底 〜の一点(重心)、呼吸(リラックス) 意識 相手に手を抑えられて、それを力ずくで取り払おうとすると、相手の力をもろに受け取ってしまう。 相手の力を意識せずに、自分の身体を動かすことに意識を向ける。身体の動き方が変わってくる。 癖 身体の癖…

合気道を始めた理由

身体 「押井塾」を聴いていた。 何がきっかけかは忘れてしまったけど、この動画を聴きまくっていた。 最終回で、押井さんが空手を始めた理由を語る。自分の身体と向き合うために空手を始めたと。 最近になって、映画の作り方が変わってきた。頭ではなく身体…

日々をやっていくということ

日々をやっていくこと以上に重要なことが見つからない。何処まで行っても、そこには日々がある。 何者になっても、それは日々と共にある。 例えば、理想としている状態があったとして、現時点から見えるのはある最適化された瞬間だけであって、 その背後に待…

今に始まったことではないけれど、最近、過去の自分(1,4,7,8年前とか)を振り返って、何て酷いことをしていたんだろうと思うことが多々ある。これはさまざまな視点から言えることで、例を挙げれば、価値観や技能、勉学や人付き合いとまぁいろいろある。 価…

迷走

集中瞑想 概要呼吸に注意を向ける。大体20〜30分ぐらいやればいいと思う。 やり方姿勢を整え、ゆっくりと息を吐いたり吸いたりを繰り返し、呼吸に意識を集中させていく。しばらくして、注意が散漫になってきたら、その状況を拒絶せず(過敏に反応せず)、一…

スーパーにて

なにげなくスーパーで目にした光景。 この光景を見て、荷出しのバイトをしてたときのことを思い出した。 ・・・ あのときは朝型だったこととか。 朝早く暗いうちから自転車こいで、もうあの時間に自転車乗ることはないなとか。 電気が消え客のいない店内には…

こう対象を囲い込んで除々に攻略していくイメージ

はじめに 複雑さにどう向き合うか。 問題の理解 「なぜ作業に取り組むのか」、作業するにあたってその基盤となる明確な意思を培う。そこを曖昧にしたまま取り組み始めると、作業中に迷子になってふりだしに戻るみたいなことが起きる。徐々に攻略している対象…

海で溺れずに泳ぎ続けるために。もしくは、海に入るときの心構え的な。 答えを探さない検索を安直な答えを見つけるための道具として利用しない。次々と現れる最新情報(インターネットや専門書、知人からの情報)をただ受け取るだけでは、なんとなく納得して…

このテキスト

別に写真でも動画でもいいんだけど、今回は「テキスト」で。 例えば、今書いているこのテキストは、いつ何どきも一字一句欠けることなく読むことができる。厳密に言えば、テキストを編集したり削除すれば「記事」の内容は変わってしまうけど、ここで言ってい…

押井塾に行こう

はじめに きっかけは忘れたのだけど、自分は押井さんの話が好きだ。あの語り口がたまらなく好きだ。いつ聴いてもその内容に惹き込まれる。素っ気なく突き放すように見えて、その根底に優しさを感じる。 そんなこんなで今回は、「押井塾」を紹介する。 シネマ…

半年ぐらい前に、体調を崩したときに感じたこと

体調不良で身体がだるい。熱計ったら、38度あった。咳がとまらない。だるい。予定していたことができないまま、ベットの中でうなっている。 先週の水曜日あたりから、喉に少し違和感があった。だけど無視して無理していた。 体調崩したり怪我するたびに、毎…

念 体からあふれ出すオーラ(人間の内部から発するエネルギー)と呼ばれる、生命エネルギーを自在に操る能力のこと。基本能力(練、絶etc)と、個別能力(能力者の個性が色濃く反映される個人特有の能力)から成る。この能力を一部でも使いこなせるものは、…